農業にしっかりと行なう|イキイキとした趣味を持とう

トラクター

家庭菜園のために

現在高価で取引されています

今や多くの方が積極的に取り組んでいる「家庭菜園」ですが、鍬一本で耕せる範囲であれば特に他はいりませんが、ある程度の広さになると耕運機や管理機などの農機具を使用することも必要となってきます。しかし購入するにも高価なため、なかなか手が出ない現状もあります。一方で農業による収入は年々減少しており、「離農」と呼ばれる農業からの撤退や、耕作の後継者が見つからないなどの問題から、多くの農機具が使われないまま納屋などに眠ってしまっているというもったいない現状があります。これらには少しの修繕で即戦力となる機具が多く含まれており、また使わずとも定期的な油類の交換や躯体の管理などを行うことで、中古品と言えども侮ることが出来ない秀逸品となり得ます。そのため買取を依頼した際には、ビックリするほどの高価がつくこともしばしばです。

農機具の買い取りの現状

中古の農機具を買取る業者は年々増加の傾向にあります。日本での需要もさることながら、外国とりわけ東南アジアや中南米周辺では需要の多さから高値で買い取られます。日本では不要となっていても、土地が変われば宝となるのです。こうした業態は更なる進化を続けており、買取販売のみならず現地での操作指導まで行なうほどの徹底ぶりのため、ユーザーからユーザーへ広がりを見せています。既に日本企業はブランドとして定着しており、これからも世界各地からのニーズは高まると予測されています。また農機具の構造などの知識を持った方が、動かなくなった農機具を買取って修繕を加え、ネットオークションなどで売買するといった動きも近年では多くなりました。